脳幹出血の生存率と死亡率、社会復帰はできるの!? | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

脳幹出血の生存率と死亡率、社会復帰はできるの!?

      2018/06/17

脳幹出血の死亡率

脳出血の中でも最も困難・危険だと言われているのが脳幹出血です。
脳幹には信用や呼吸をコントロールするなど重要な脳の部位と言われています。脳幹を通っている血管が破れて出血するのが脳幹出血。脳幹出血を発症した殆ど人が、手足が麻痺したり、意識の不明の重体になることが多い病症です。

 

脳幹出血の割合

脳出血全体の中ではわずか6~8%以下の比較的稀な出血とされています。脳幹には、呼吸や心拍といった生命を司る器官のため、呼吸と心臓が止まることもあります。突然死の一因にもなっています。

脳幹は脳の深部にあるため外科的な処置は不可能です。ですから、カテーテル手術、もしくはガンマナイフ手術を適用されることが多いようです。手術は状態をよくするために行うものではなく、再発させないため、これ以上症状を悪くさせないために行われます。

脳幹出血を発症すると、激しい頭痛や意識障害が発症し、数分後には呼吸停止に陥るといわれています。

 

脳幹出血の生存率は20~30%と低い

脳幹出血は脳出血のなかでも最も生存率が低いと言われており、脳幹出血の生存率は20~30%と言われています。大脳などの出血の生存率が70%だと言われているので脳幹出血は非常に恐い出血場所だと言われています。

また一命を取り留めたとしても強い意識障害や呼吸機能障害、嚥下障害が後遺症として残る場合が多く、一命を取り留めたとしても一年以内に亡くなってしまうケースが多いようです。

脳幹出血に関わらず脳は、一度ダメージを受けてしまったところの機能回復はできません。しかし、早期の段階から(急性期~回復期)リハビリを開始すれば、別の脳が補ってくれます。

 

発症が多い時間帯は朝と夕方

脳出血は症状が一気にあらわれるのが大きな特徴です。一旦出血してしまうと周囲の血管も圧迫されて破裂し、また連鎖的に出血が起こるともいわれているため、一気に脳内に出血が広がるという説もあります。

ほどんどの場合、出血が起きると数分のうちに頭痛、手足のしびれ、吐き気、嘔吐、意識障害などの症状があらわれます。

出血は、数分でとまることが多いのですが、数時間以内に再出血して血腫が増大してしまうことがしばしばあります。出血が続く場合は、次第に症状がより悪化していきます。

脳出血の発作が起きる時間帯として、ほとんどの場合が、血圧の変動が激しい日中の活動時です。中でも最も危険な季節は、真夏と真冬、危険な時間帯は7時ころと夕方の17時ころとされています。入浴中、排便中、興奮時などにも起こりやすくなります。

脳出血を起こしたと思われる場合には、症状の軽重にかかわらず、すぐに救急車を手配し、医療機関への搬送を優先することが重要になります。

 

昏睡状態のときはどうしたらいいの?

脳幹出血を発症した多くの人が昏睡状態になるといわれていますが、たとえ目に見えた反応がなくても「手を触ること」「名前を呼ぶ」ことは効果的です。

手は人間の体でも伝わりやすく、そっと握ってもらうだけでもよい刺激を与えます。聴覚は昏睡状態であっても「聞こえていた」と話している人が多いです。音楽療法というのがあるぐらいですから、手を触りながら名前を呼んで話しかけましょう。

 

脳幹出血を発症するともう社会復帰はできない?

仮に一命を取り留めたとしても、植物人間になる場合がほとんどです。

けれども、筆者は過去に脳幹出血を経験しましたが、大きな障害を残すことなく社会復帰を果たすことができています。

この経験から言えることは、決して楽な道ではありませんが、どれだけ悲惨な状態だったとしても、脳卒中は克服できるものだと身をもって体感しています。

脳幹出血を克服した筆者の現在の姿です。

この映像は脳幹出血の発症から4年経過したときに撮影したものです。

走ることができていますし、職場にも歩いて戻ることができています。
夏場は夜30分ほどランニングします。
ちなみにちょろっと映っている子供は私の子供です(笑)。
脳出血・脳梗塞を発症した後に授かることができました

 

まとめ

脳幹出血は、脳出血のなかでもとくに重篤な症状があらわれますし、後遺症も重たくなりがちです。

しかし、懸命な家族の支え(手を触ってあげる、話しかける)があれば、生命力が増して奇跡的な回復はできるものです!

目に見えるものがすべてではありません。愛情、思いやり、気力といった目に見えない力を信じることが大切です。

思いやりをもった看護は絶対に届きます!

諦めずに頑張ってください!

 

筆者の脳幹出血闘病記録です!

僕は27歳のときに脳動静脈奇形破裂(AVM)に伴う脳幹出血を発症してしまいました。

発症時は生存率1%と言われましたが、ほとんど後遺症を残すことなく社会復帰を果たすことができました。
その後は結婚、二児の父として忙しく充実した日々を過ごしています。

今まさに脳幹出血と闘っている人に、夢と希望と持ってもらいたくて自身の闘病体験をブログに公開しました。

脳幹出血を乗り越えるのは簡単ではありませんでしたが、患者とその家族がタッグを組んでいけば、乗り越えていける病気であると考えています。

ぜひ、この体験談を知ってください。

http://avm.sakura.tv/

  関連記事

P1040724
脳卒中発症!急性期を過ぎても身体機能は回復する!

諦めないことが大切です 僕の場合、脳出血(脳幹出血)を発症してから3か月後には歩 …

wysiwyg_c8763b639b3b292b5fce
脳出血の後遺症を克服できる人とは

最初から克服できると思っていたくらいなので 同じ病室に入院している患者とは 入院 …

Two young men standing back to back
後遺症の克服を妨げる人とは縁を切ろう

脳卒中の後遺症を克服するうえで 注意すべき点はいくつもあります。   …

noulogo
軽い脳梗塞は治療すれば完全に治るって本当!?

軽い脳梗塞は症状が軽いので、体調が悪いだけだと思い込み、そのままにしてしまうこと …

no image
母が言語障害になりました。リハビリで回復するのでしょうか?

【ご質問内容】 母が、脳膿瘍という脳の中に膿が溜まる病気になり、言語障害になり、 …

ダウンロード
脳卒中発症で社会復帰を目指すのなら、社会生活を送るのが一番だと思います

私は2011年の1月20日、当時28歳のときに脳動静脈奇形破裂(AVM)による脳 …

no image
拘縮予防、関節をやわらなくするリハビリ

関節を柔らかくするリハビリ 脳卒中の後遺症によって麻痺がある人や、それが原因でベ …

no image
言語障害って治るの?

私は2013年3月に カテーテル検査を行いましたが 検査中に脳梗塞を発症してしま …

kazumaru0165
すべては自分の責任

私は闘病生活の経験から、病気を克服できる人とできない人には決定的な違いがあること …

no image
退院後は、生活の全てがリハビリです。

急性期病院やリハビリ病院などの医療機関でリハビリが終わったからといっても、リハビ …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら