お医者さんから嫌われる家族の特徴 | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

お医者さんから嫌われる家族の特徴

      2017/09/26

検査や定期検診などで、お医者さんと話す機会は多いと思いますが、お医者さんと話すときは注意点があります。この注意点を守らないと信用を失うばかりか、嫌われてしまうことになります。

嫌われてしまうと何が不都合なのかと言うと、やはり深く診てもらえなくなることでしょう。お医者さんと言えども感情をもった人間です。また、生計を立てるためにお医者さんをしている人も多いでしょう。またお医者はプライドの高い人も多いので、気に食わない人には冷たくあしらわれます。

このようなことから、やはりお医者さんに「嫌われる」よりかは「好かれる」患者でいる方が、得策であることは間違いありません。

今回は、お医者さんから嫌われる患者と、好かれる患者に共通するポイントをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク


同じ質問を繰り返す患者は嫌われる

入院するほどの病気は、患者としても、患者の家族としても、初めての体験となる場合が多いです。

当然、分からないことばかりの連続だと思います。

しかも、脳卒中などの大病の場合には、生存状態、後遺症の度合いなど、悩みの深さも複雑になります。

分からない部分は、お医者さんに都度聞いていく必要が出てくるのですが、ここで「嫌われる患者」と「好かれる患者」に分かれるポイントがあります。

それは、お医者さんが言っていることをメモしないこと、そして、一番最悪のなのが、前回と同じ質問を繰り返してしまうことです。

これはなにもお医者さんとの会話だけの話ではありません。誰かに何かを教わるときのスタンスです。

質問に答える立場にある人は、真剣に悩みを聞いて答えようとしています。できるだけ分かり易く、噛み砕いて説明している場合が多いと思います。気を遣って説明しているのです。

なのに、質問者側がメモを取らずにいるとどう思いますか?

せっかく真剣に説明しているのに、、、、。と思ってしまいますよね。

ですから、お医者さんと話をするときは必ず、メモを取ってくださいね。

お医者さんは勉強ができますし、人一倍努力をしてきた人たちです。

教えてもらったことを真剣に学ばない姿勢は、完全に嫌います。

 

逆に、メモを真剣にとっていて、次回の検診の際に以前の説明を頭に入れたうえで、発展性のある質問をする人は、お医者さんからかなり好かれます。

お医者さんしても、しっかりと説明を聞いてくれて、自分なりに考えてさらなる質問をしてきてくれる人を嫌いにはなれません。

130707pen_paper-thumb-640x360-60721画像引用元:https://goo.gl/PQIXl0

ぜひ、メモ用紙とペンを持ってからお医者さんと話をするようにしてください。

 

お医者さんは心理カウンセラーではない

脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)の病名は知っているが、実際に身近に発症した人がいないため、患者も家族も非常に困惑します。

社会復帰することができるのか、麻痺は治るのか、ご飯が食べれるようになるのか、、、

けれども、これらをお医者さんに言っても、何ともなりません。

お医者さん仕事は、命を助ける事、症状をそれ以上に悪くさせないです。

不安な気持ちになるのはわかるので、たまには話を聞いてもらってもいいでしょうが、顔を合わせるたびに言っていてはだめです。お医者さんも忙しいので、いちいちそんなのに構ってくれませんし、避けられてしまうのがオチです。

あくまでもお医者さんは命を助けること、それ以降の機能回復は患者と家族の頑張りにバトンタッチなのです。

 




レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

僕は動画に書いてある内容で、以下の後遺症を克服することができました。 嚥下障害、意識障害、左半身麻痺、左腕の痺れ、右半身の温度感覚、失語症(文字が読めない書けない)、視野欠損、斜視、視力低下、視野狭小、ふらつき、独歩、しゃっくり、高次脳機能障害、記憶障害、めまい、失禁、頭痛、排尿障害

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」といったメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料です

.
     

  関連記事

no image
身体障害者手帳を持っていても団体信用保険(団信)は通るのか?

今回の記事では脳幹出血と脳梗塞を経験した僕が、どのようにして団体信用保険を通した …

unnamed
お医者さんが言っていることのすべてが正しいとは限らない

「お医者さんが言っていることは全て正しくはない!」 「確率論で言っている」 「人 …

001_身体障害者手帳の表示
脳卒中で後遺症が残ったら身体障害者手帳を申請しましょう!

脳卒中を発症してしまい、体に何かしらの障害が残ってしまった場合には、医師の診断の …

hansei_koukai_man
家族の人も後悔しないために

私の親戚の叔父さんは 今から10年前に脳出血を発症しました 左腕が麻痺してしまい …

images (11)
意識障害の患者に効果的な刺激

昏睡状態で伝わる刺激について 僕は27歳の時に脳幹出血を発症し、約2週間ほど昏睡 …

fd1dafc93b87efe6a93fe7f5f30b3889_m-1024x678
生かすも殺すも掛け声次第

僕が脳幹出血を発症した直後の本当に危ない状態のとき。 もしかしたら「僕の顔を見る …

images (9)
なぜ病院は転院を迫ってくるのか?

私は2つの脳の病気を経験してから、お医者さんの仕事は、急性期病院の存在意義は、一 …