看護師さんに言われて傷ついた言葉 | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

看護師さんに言われて傷ついた言葉

      2017/06/10

20111215_2708879

入院中に看護師さんに言われて傷ついたことがあります。今でも覚えています。

僕は脳幹出血を発症してからしばらくして肺炎にもかかりました。

肺炎になったときは、あまりにもしんどさで高熱が出て幻想を見てしまい、ベッドから飛び降りたことがあります。(自分は歩けると思って、トイレに行こうとしたんです)

数日後、ある看護師さん同士が「上西くんは、頭がおかしくなってるから、何言っても無駄だよ」みたいなことを言っているのを聞いて、かなりショックを受けた記憶があります。

意識が朦朧としていても、感情に突き動かされる言葉を言われると覚えているものなんです。

逆に「一緒にまた旅行に行こうね!」とか「早く元気にな~れ」といった感情を突き動かされる良い言葉も覚えています。

あなたが患者さんをサポートする立場ならどちらの言葉を使いますか?

言葉の使い方次第で人を殺すこともできるし、生かすこともできます。

病人に対しての言葉選びはとくに慎重にしてください。

画像引用元:http://goo.gl/QKfrCn

  関連記事

20141203-5
脳卒中患者は学校で学んだ看護を求めていない!

患者自らが頑張ろう!と思わせる環境の方が100倍大事! 僕を含めて、脳出血や脳梗 …

navi002
僕は看護師さんに生きる気力をもらった

すべての看護師さんにこの意識を持ってほしいな 看護師さんは注射をする人、薬を渡す …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら