身体障害者手帳を持っていても団体信用保険(団信)は通るのか? | 生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

身体障害者手帳を持っていても団体信用保険(団信)は通るのか?

   

今回の記事では脳幹出血と脳梗塞を経験した僕が、どのようにして団体信用保険を通したのかについて解説します。

【背景】
僕は2011年に脳動静脈奇形破裂に伴う脳幹出血を発症。2年後に脳幹出血のフォローアップ検査中の合併症によって脳梗塞を発症するという経験をもちます。

ちなみに身体障害者手帳は、2011年の脳幹出血を発症した際に取得しました。

001_身体障害者手帳の表示

身体障害者手帳を持っていると、毎年支払わなけばならない車の税金(自動車税:4万円)が免税になったり、公共施設が無料で利用できたり、USJやディズニーランドが半額で利用できたりと金銭面でかなり助かっています。身体障害者手帳を持っていて本当に良かったと思っていました。

だた、住宅購入を考えた場合に、身体障害者手帳を所持することのデメリットを痛感しました。なぜなら、手帳をもっていると身体の機能障害があることになり、病気の告知をしなければならないからです。

僕は脳幹出血を発症してから7年経過したときに住宅ローンの申し込みをしました。脳梗塞は検査中の合併症であるためドクターも脳梗塞については、告知しなくてもよいと言われました。

僕の条件と借入金額

僕の勤務状況→東証一部上場企業に7年ほど勤務、年収は500万円程。借入金額は3,000万円。

まずは、何もわからずにUFJ銀行でチャレンジ。

UFJ銀行→ローンの審査はおりたが、団信で落ちる。ワイド団信でも落る。

雰囲気的に

メガバンクは相当厳しい。。。たぶん無理です。

不動産屋からはメガバンクは厳しいから、地方銀行や信用金庫で審査をしましょうってことになりました。結論から言いますと、地方銀行の団信が通りました。ワイド団信ではなくて、普通の団信が通りました。

団信申込用紙の書き方のコツ

・できるだけ詳細に症状や現状を書く ※超重要!

・めちゃくちゃ綺麗で丁寧な字で書く! ※超重要!

・0.3ミリのボールペンで書く! ※たくさん文字が書けます。

これが必須ポイントです。

団信を通すか通さないかの最終ジャッジは、人です。

銀行員や生命保険会社の人が、書いてある字を見て「この人大丈夫そうかな?」という感情で判断します。綺麗な字、丁寧な字というのは、伝わります。汚い字だと「この人だとヤバいな」と思われてしまいます。

 

レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。

そしてその方法をPDF版のレポートにまとめました。 とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。

このレポートを読んだ方から、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」といったメッセージをいただいております。

何か他にできることはないのか、、、と思っているのであれば、いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。

確認後、メールにてレポートをお送りします。

.