脳卒中の後遺症は生き抜いた証 | 生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

脳卒中の後遺症は生き抜いた証

      2018/03/24

気管切開の傷跡は生き抜いた勲章

110218__嚥下障害を徐々に克服してヨーグルトを口にすることができてきました

気管切開をしていました

Screenshot_20170412-200318

6年後の姿(気管切開の跡があります)

スポンサーリンク


 

目の眼振も生きぬいた勲章

脳幹出血の際に後遺症として残った目の眼振も、生き抜いた勲章と思っています。

どれだけ頑張っても後遺症が残ってしまうことはあります。

後悔しないためには、急性期から回復期に掛けてのリハビリを納得いくまでやることです。

それでも治らなった後遺症は、生き抜いた勲章にしています。

 

 

レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。

そしてその方法をPDF版のレポートにまとめました。 とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。

このレポートを読んだ方から、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」といったメッセージをいただいております。

何か他にできることはないのか、、、と思っているのであれば、いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。

確認後、メールにてレポートをお送りします。

.