主人が脳出血で右足に麻痺が残っています。 | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

主人が脳出血で右足に麻痺が残っています。

      2018/04/15

【ご質問内容】

はじめまして。
記事を拝読し、お話しをお聞きしたく連絡させて頂きました。
不安な気持ちばかりがでて、失礼がありましたら、お許し下さい。
主人は今から2ヶ月半前に、脳出血に倒れました。53才です。右足に麻痺が残ってます。病院内ではぎこちなくではありますが、杖なしで歩けてました。(感覚は万全ではありません)先日退院し自宅に帰って来て、約1週間です。やはり、一般道は甘くなかったのです。怖がってしまい外に出なくなり、私の気持ちはあせるばかりです。
本人にやる気を出させたいのですが、経験者として、お話しをお聞かせ頂けないでしょうか。簡単な事ではないかもわかりませんが、後一歩のがんばりで、より普通に近づける歩き方ができるのではないかと、私は信じて疑いません。どうか、アドバイスをお願い致します。

 

 

【私の回答】

お問い合わせいただきありがとうございます

独歩で歩けるようになられたんですね!
かなり早いと思います。

ですが、リハビリ病院に入院されている期間が短いのが心配です。

できれば、リハビリ病院に入院されるなり、毎日もしくは週に何日かはリハビリ病院に通院しながらでもリハビリをされた方がよいと思います。

なぜなら、リハビリ病院に行くと半強制的にリハビリをしないといけないからです。自宅でリハビリも構いませが、どうしてもリハビリの量が減るんじゃないかと心配しています。

 

>簡単な事ではないかもわかりませんが、後一歩のがんばりで、より普通に近づける歩き方ができるのではないかと、私は信じて疑いません。
↓↓
たしかに簡単なことではないかもしれませんが、スポーツ選手のように頑張らないといけないわけではありません。
細く長く継続してリハビリを行うことが大切です。途中で気落ちしてリハビリをしなくなるのが一番いけません。

 

>後一歩のがんばりで、より普通に近づける歩き方ができるのではないかと、私は信じて疑いません。
↓↓
私の経験上、またたくさんの患者さん(仲間)を見てきましたが、普通に歩けるようになれると思いますよ!

本当に本人の意欲次第ってところです。

 

>一般道は甘くなかったのです。怖がってしまい外に出なくなり、私の気持ちはあせるばかりです。
↓↓
私も病院の外で歩いた時は、アスファルトの石ころでも、つまづいてコケるんじゃないかと思っていました。それくらい病院の通路は安全で手すりもたくさんあったからです。

これはもう慣れしなありません。
安全な道を歩いたり、公園を歩いたりして、脳に感覚を覚えさせるしか方法はありません。

 

頑張ってくださいね!

またいつでもメールください!

  関連記事

関連記事はありませんでした





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら