脳は3%しか使っていない!? | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

脳は3%しか使っていない!?

      2019/01/06

私は急性期病院に入院した時に

主治医から「脳卒中でダメージを受けた神経細胞は二度と蘇らない。」

「だけど、リハビリをすれば生きている他の脳神経細胞が補ってくれる。脳はその3%しか本気で使ってないって。そのためにはリハビリをして神経細胞に覚えさせることがとても重要になってくる。だから、しっかりとリハビリをして欲しい。君なら必ず歩いてまたこの病棟に顔を出してくれるはずだ。」

このように言われました。

 

私は、歩行器を使ってあるくことはできるようになっていましたが、何もない状態(独歩)で歩けるようになるなんて、高層ビルの上を綱渡りで歩くようなものだと、尻込みしていました。

かなり前向きな私でさえ、「本当に歩けるようになるのかな」など思っていました。

家族や友人、看護師さんを含めて病気を患っていない人が歩いているのは、なんとも思いませんが、脳卒中患者が独歩で歩いている姿をみると「おぉぉ、すごい!歩けてる。。私よりかなり先輩だ」と思っていたのが印象的でした。

 

でも、実際に脳卒中専門のリハビリ病院に転院してみると、もうその日から独歩の練習が始まり、あれよあれよと言う間に、歩けるようになりました。

 

患者の状況によりますが、脳に障害が起きたとしても、他の脳神経細胞が補ってくれてるんだな。そう思えた瞬間でした。

もちろんそれまでには地道な体幹を鍛えるトレーニングだったり、握力を鍛えるトレーニングをした賜物だとは思います。

 

主治医が言っていた「脳はその3%しか本気で使ってない」というのは本当なんだ!

そう感じた瞬間でした。

  関連記事

no image
キツイことを言ってくれる人は貴重

私が入院していたリハビリ病院の先生は、顏は笑っていながらも、かなりハードなリハビ …

images (2)
思い込みで脳幹出血(脳卒中)になる

1920年頃(第二次世界大戦前のヨーロッパ)に、死刑囚に対してある実験されたこと …

no image
脳卒中を克服できるかどうかは、99%これで決まる!

ブログを公開していると、たくさんの人から相談を受けるのですが、ほとんどの人が質問 …

960f0f299e69f90828a61f092a37b2bf
努力を馬鹿にする人には近寄らない方がよい

仕事、スポーツ、大学受験、病気克服、、、、。 どんなことでもそうなんですが、目標 …

no image
家族のお見舞いで脳卒中は回復していく

脳卒中を発症すると、さまざまな症状が現れます。脳卒中は発症した脳の場所によって、 …

images
人生は株価と一緒

私はこの記事を書いている時点では33歳です。   人生の大先輩からすれ …

07135003118
良い患者でいることの重要性

ドクターも看護師さんも人間です 脳卒中を発症すると、体が思い通りに動かなくなった …

bs0I9A100015030106yubi
脳卒中を克服するコツはチャランポランにある

私は物事には、あまりこだわらないし どうしようもないことは、心配しません。 そう …

no image
辛いとき悲しくなるとき、こう考えると人生が楽になります。

先日、ブログを通じてこんなメッセージをもらいました。 僕は今回の病気で少なからず …

images (1)
大病は悪いことばかりではない!脳卒中を経験すると人生が輝きだす!

生きていく中では、嬉しいこと、悲しいこと、辛いことが繰り替し訪れます。 だけど、 …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら