手の痺れを弱めるためにやったこと | 生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

手の痺れを弱めるためにやったこと

      2018/06/30

・どれくらい治った?⇒80%程度は治った
・どれくらいの期間かかった?⇒4年ほど
・所感⇒年々良くなっているので、これからも良くなる

僕は、脳幹出血を発症した際に、左半身の動きが悪くなり、また左手は激しい痛みと痺れに

むしろ発症直後は、左半身は麻痺するだろう。。と言われておりました。また左手は激しい痛みと痺れに襲われていました

ですが、これから紹介することをやり続けたところ、半年後にはだいぶましになり、5年たった現在ではほとんど気にならなくなりました。

今回は私がどのようにして、手の痺れを緩和させたのかについてお話したします。

 

痺れるメカニズムを知ろう

痺れは麻痺に分類される一過性の神経障害です。

手のしびれが起こる主なメカニズムは、脳や脊髄の病気または神経の圧迫によるもの、内科的疾患、さらには血流不良によるものなどが考えられます。

脳卒中による痺れは、ダメージを受けた脳の場所によって、しびれの程度・しびれ方の種類・しびれるタイミング・しびれの場所なども様々です。

 

痺れに効くリハビリは存在しない!?

私は脳幹出血を発症した際に、左手がかなり痺れるようになりました。あまりにも痛いので、リハビリの先生に聞いたところ、「痺れに対して体系立てたリハビリはない。でも、もしかしたら手に刺激を与え続けたら徐々に慣れてくるんじゃないか。」と言われ、早速ゴム製のトゲトゲのボールを購入し、暇があれば毎日握り締めていました。

3ヶ月ほど毎日握り締めていると、「ちょっとはマシになったかも。。」と思えるまでに手の痺れは治まってきました。

それからは毎日ではありませんが、気が向いたときにトゲトゲボールを触っていました。そのおかげで年々痺れは弱まってきました。そして5年経った現在では、もうほとんど気にならなくなりました。

iboiboball

リハビリ マッサージ用 触覚ボール

 

まとめ

手の痺れといった細かな後遺症は、年単位の期間は必要になっくると思いますが、諦めずにやっているといい結果がでると思います。

継続は力なりです。

ご参考になれば幸いです。

 

  合わせて読みたい

075f5f1938de6339a9707c1ff2d928c4
脳幹出血と脳梗塞を乗り越えれたけど。質問ありますか?

僕は、2011年1月20日(当時28歳)の時に、AVM(脳動静脈奇形破裂:脳幹出 …

ダウンロード
なぜ私は脳幹出血と脳梗塞を克服できたのか?

この記事では、僕が闘病期間中に使っていたアイテムについてご紹介いたします。 ◆ミ …

 

ブログに関するお問い合わせ

   

 

LINEでのご連絡を希望の方はこちら
https://line.me/ti/p/OGw-qCQeiH


レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。

そしてその方法をPDF版のレポートにまとめました。 とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。

このレポートを読んだ方から、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」といったメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料です

.

LINEでのご連絡を希望の方は、下記のリンクを開いて友達登録をしてください。
https://line.me/ti/p/OGw-qCQeiH