馬鹿たれでは病気を乗り越えられない | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

馬鹿たれでは病気を乗り越えられない

      2017/06/10

かなり過激なタイトルですみません。

あなたにどうしても大切なことをお伝えしたかったので

あえてこのようなタイトルを付けさせてもらいました。

 

が、はっきりいってこれは

大げさでもなく

混乱させてい訳でもなく

ケンカを売っているわけでもなく

私は本当にそう思っています。

 

仕事でも病気でも

人付き合いでも、趣味でも。。

どんなことでもそうなんですが

聞いた情報、知った情報を

鵜呑みにする人は失敗します。

 

たとえばテレビで殺人事件の報道を見ると

「最近事件ばっかで怖いわ~

世の中、物騒になったわね~」

このようなことを言って心配している人などです。

 

テレビ番組のプロデューサーもサラリーマンなので

テレビの視聴率を上げる番組を作ることが仕事です。

そしてテレビの視聴率をあげるには

良いことよりも悪いことの方が効果的です。

このようなことからも悪い情報が報道されやすいんです。

 

そして、本当に殺人が増えたのでしょうか?

戦争中、戦後直後の日本の方が圧倒的に多いです。

ただ当時はテレビを使って報道されることがなかったため

あまり目につかなかっただけなのです。

 

このような時代背景を分からずに

ただ聞いた情報、見た情報を

なんのフィルターも通さずに鵜呑みにしていては

情報発信者の言いなりになってしまいます。

 

話しを病気に戻します。

これの何がいけないのかというと、

病気を克服できなくなるからです。

 

お医者さんに

「あなたは助からない」

「一生寝たきり」

「人工呼吸器も外せない」

「一生飲食ができない」

……

このように辛い宣告を言われたときに

呆然と立ちすくんでしまい

お医者さんの言われたとおりの結果になってしまうのです。

 

ちなみに先ほどの言葉は

私が脳幹出血を発症したさいに

言われたものになります。

 

が、

 

 

私はそんなの関係ない。

どうせ統計的なデータをもって言っているだけ

私はその他大勢の人とは違う

 

このように考えていましたので

お医者さんが発する言葉は鵜呑みにしませんでした。

 

もちろん参考にはしましたが、

1日に数分しか会っていし

家族でもない赤の他人を診察するので

結構適当な事を言っていると思っていました。

 

ですから

 

「あー、そうですか、ありがとうございます」

と口では言いながらも

 

心の底では

「何いっとるねん!ふざけるな!勝手に俺を殺すな!」

 

 

そのように思っていました。

 

 

要は言われたことを真に受けなかったこと

一般常識に従わなかったのが

良かったんだと思います。

 

私は自分で言うのもなんですが、

情報を鵜呑みにしない

得た情報を自分なりに考えて解釈する力

頭の良さがその他大勢の人よりもあると思っています。

 

脳幹出血で死の淵から這い上がれたのも

脳梗塞で識字能力が無くなっても

ここまで回復することができたのは、

このおかげだと思っています。

  関連記事

2011年3月11日 僕の命を救ってくれたドクターです。優しくて、不安に感じてることや、疑問に感じている事に対して、丁寧に答えてくれました
脳幹出血発症時の診察説明書

2011年1月20日 脳動静脈奇形破裂(脳幹出血) 発症約12時間後に撮影したM …

no image
高次脳機能障害って一体何なの?治るの?

高次脳機とは 僕たち人間の頭脳は、スーパーコンピューターでも敵わない能力を持って …

noulogo
脳卒中、脳腫瘍、脳感染症、外傷によって頭痛が起きる

怖い話しかもしれませんが 頭痛には重大な病気が隠れている可能性があります。 &n …

hospicevolunteer
病気を克服したいなら応援者を集めろ!

僕はたくさんの人に応援されたから、あれだけ辛い状態からでも這い上がることができま …

c7609fcde2b3105292437754b5598aea
脳出血の後遺症について

私は2011年1月20日(当時27歳)のときに 脳動静脈奇形破裂による脳出血を発 …

no image
脳卒中の後遺症による片麻痺・半身麻痺

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)の後遺症として非常に多いのが、「片麻痺」「 …

no image
言語障害って治るの?

私は2013年3月に カテーテル検査を行いましたが 検査中に脳梗塞を発症してしま …

no image
脳梗塞でダメージを受けた脳細胞は元に戻る?回復度合いは?回復力を高めるのに大切なこととは?

脳梗塞は、何かしらの原因で脳の血管が詰まり、脳細胞が酸欠状態になり、詰まった先か …

no image
脳卒中の後遺症で回復が見込めるのは発症後6ヶ月以内!

脳卒中を発症して身体的ダメージを受けた場合に何をしないといけないのか?それはリハ …

no image
母が言語障害になりました。リハビリで回復するのでしょうか?

【ご質問内容】 母が、脳膿瘍という脳の中に膿が溜まる病気になり、言語障害になり、 …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら