家族の人も後悔しないために | 生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

家族の人も後悔しないために

      2018/04/24

私の親戚の叔父さんは

今から10年前に脳出血を発症しました

左腕が麻痺してしまい

左脚も麻痺してしまいました

スポンサーリンク


 

当時の私はまだ脳幹出血を発症していなかっため

叔父さんと叔母さんの気持ちや

リハビリに対しての思いは語ることが出来ません

 

ただ叔父さんはリバビリを積極的に

やらなかったのは聞いていました

 

リバビリなんかしても無駄だ!

そのように思っていたようです。

 

だから叔母さんもそこまで強く言わなかった

本人の意思を尊重した

そのように言っていました

 

結果的には左半身の麻痺はひとつも改善することなく

重たい後遺症を抱えるようになりました

叔父さんはベッドから起き上がるのも介護が必要になりました。

 

叔母さんはそれでも一言も苦言を言うことなく介護をしていました。

 

だけど叔父さんは大腸がんになって

その5年後に亡くなってしまいました。

 

「子供二人を独立させ、さぁこれから旅行に行って人生を満喫したかったのに!ちくしょう!!」

 

これが伯父さんが死ぬ間際に言ったことでした。

たまらなく胸が痛かなりました。

 

伯父さんが亡くなり

葬式の場で叔母さんがぼそっと

「脳出血破傷した時にもっとリバビリをさせておいたら良かった」と言いました。

 

もっとリバビリをさせておいたら

もしかしたら、信也みたいに回復したかも知れない、、、

 

そう、後悔していました。

 

叔父さんのようにリバビリを拒否する人はたくさんいると思います。

だけど、脳卒中を発症して命をとりとめたら、

やっぱりやれるだけリバビリをして身体を元に戻さないといけないと思います。

 

患者さん本人はもちろん、

患者さんをサポートする方も後悔しないように

あのときもっとやっていれば、と言わないように

最初から無理だと投げ出さずにリハビリをしてほしいとおもいます

 

脳出血や脳梗塞でダメージを受けてしまった

身体的ダメージは、リハビリでしか治らないのだから、、、

 

  合わせて読みたい

075f5f1938de6339a9707c1ff2d928c4
脳幹出血と脳梗塞を乗り越えれたけど。質問ありますか?

僕は、2011年1月20日(当時28歳)の時に、AVM(脳動静脈奇形破裂:脳幹出 …

ダウンロード
なぜ私は脳幹出血と脳梗塞を克服できたのか?

この記事では、僕が闘病期間中に使っていたアイテムについてご紹介いたします。 ◆ミ …

 

ブログに関するお問い合わせ

   

 

LINEでのご連絡を希望の方はこちら
https://line.me/ti/p/OGw-qCQeiH


レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。

そしてその方法をPDF版のレポートにまとめました。 とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。

このレポートを読んだ方から、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」といったメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料です

.

LINEでのご連絡を希望の方は、下記のリンクを開いて友達登録をしてください。
https://line.me/ti/p/OGw-qCQeiH