脳出血(脳幹出血)で痺れて痛い手を和らげる方法 | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

脳出血(脳幹出血)で痺れて痛い手を和らげる方法

      2018/04/21

私が脳幹出血を発症した際に左手の痺れが後遺症として現れました。

むしろ発症直後は、左半身は麻痺するだろう。。と言われておりました。また左手は激しい痛みと痺れに襲われていました

ですが、これから紹介することをやり続けたところ、半年後にはだいぶましになり、5年たった現在ではほとんど気にならなくなりました。

今回は私がどのようにして、手の痺れを緩和させたのかについてお話したします。

 

痺れるメカニズムを知ろう

痺れは麻痺に分類される一過性の神経障害です。

手のしびれが起こる主なメカニズムは、脳や脊髄の病気または神経の圧迫によるもの、内科的疾患、さらには血流不良によるものなどが考えられます。

脳卒中による痺れは、ダメージを受けた脳の場所によって、しびれの程度・しびれ方の種類・しびれるタイミング・しびれの場所なども様々です。

 

痺れに効くリハビリは存在しない!?

私は脳幹出血を発症した際に、左手がかなり痺れるようになりました。あまりにも痛いので、リハビリの先生に聞いたところ、「痺れに対して体系立てたリハビリはない。でも、もしかしたら手に刺激を与え続けたら徐々に慣れてくるんじゃないか。」と言われ、早速ゴム製のトゲトゲのボールを購入し、暇があれば毎日握り締めていました。

 

ダウンロード

 

3ヶ月ほど毎日握り締めていると、「ちょっとはマシになったかも。。」と思えるまでに手の痺れは治まってきました。

それからは毎日ではありませんが、気が向いたときにトゲトゲボールを触っていました。

そのおかげで年々痺れは弱まってきました。そして5年経った現在では、もうほとんど気にならなくなりました。

 

ミネラル水を使い続けた

脳幹出血を発症した際に、親戚の叔父さんからミネラル水の原液を紹介してもらいました。

これを塗ったり飲んだりすることで、自然治癒力が高まり様々な症状が良くなっていくとのこと。

確かに使ったときと使わなかったときでは、手の痺れも弱まってきた気がしました。

詳しくはレポートにまとめましたので、文末のリンクからダウンロードして読んでみてください。

 

まとめ

手の痺れといった細かな後遺症は、年単位の期間は必要になっくると思いますが、諦めずにやっているといい結果がでると思います。

継続は力なりです。

ご参考になれば嬉しいです。

  関連記事

20150226_money5
後遺症はお金で解決できない

世の中にはお金で買えるもの買えないものがあります。 その中でも、脳卒中でダメージ …

no image
脳卒中の後遺症による片麻痺・半身麻痺

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)の後遺症として非常に多いのが、「片麻痺」「 …

no image
脳出血が原因で失語症になってしまった。。有効な克服方法とは?

私は2013年に脳血管撮影検査を行ったんだけど、その際に合併症で脳梗塞を発症して …

wysiwyg_c8763b639b3b292b5fce
脳出血の後遺症を克服できる人とは

最初から克服できると思っていたくらいなので 同じ病室に入院している患者とは 入院 …

28057000049
人は諦めずにリハビリをする人を応援する

入院生活というのは孤独との戦いです。 家族が毎日お見舞いに来てくれるのであれば …

ダウンロード (1)
多数決の意見には従わない

お医者さんから「あなたは寝たきりです」「回復した事例がありません」 このように言 …

23aa67c9
周りの人と真逆のことをしよう!

入院生活というのは、殆んどの場合が、同じ病気で入院している人たちと生活することに …

ダウンロード
自分の頭で考え抜いた人が克服できる

病気に限った話ではありませんが、大きな成果を出すためには、得た情報をそのまま鵜呑 …

no image
脳卒中の後遺症で回復が見込めるのは発症後6ヶ月以内!

脳卒中を発症して身体的ダメージを受けた場合に何をしないといけないのか?それはリハ …

no image
脳梗塞でダメージを受けた脳細胞は元に戻る?回復度合いは?回復力を高めるのに大切なこととは?

脳梗塞は、何かしらの原因で脳の血管が詰まり、脳細胞が酸欠状態になり、詰まった先か …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら