脳梗塞の後遺症を克服できた人は共通している | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

脳梗塞の後遺症を克服できた人は共通している

      2017/06/10

私のように脳幹出血、脳梗塞の後遺症を

克服した人、できた人は

この世の中にたくさんいます。

 

私はこのブログで、

脳幹出血と脳梗塞の後遺症を

乗り越えた方法、考え方を

包み隠さずに公開しています。

 

そして、インターネットで検索をすれば、

私のように闘病生活を綴った

ブログを公開している人もたくさんいます。

 

そこで気づいたことがありましたので

シェアしたいと思いますが

 

 

 

 

 

私はこのブログで脳幹出血と脳梗塞の後遺症を乗り越えた方法、考え方を包み隠さずに公開しています。そして、私のように脳幹出血や、脳梗塞の後遺症を乗り越えた人はたくさんいます。

中には私のように闘病体験記をブログなどの媒体を使って公開している人もいます。その方たちのブログを見ると、全く落ち込まなかったり、絶対に治る!と自分を洗脳してたり、リハビリをコツコツとやっていたりと、考え方、思考、行動力が、驚くほどに似ています。

 

これを見た瞬間に、人間の能力なんて大体同じだから、実際に克服した人の真似をしたらいいと感じたました。

 

このブログを見ているあなたが、患者なのか、患者さんのご家族なのかは分かりませんが、ただひとつ言えることは、実際に同じような症状を克服した人をモデリングしないといけないことです。

 

人は群れる習性があります。弱音を吐く人は、弱音を吐く人たちと群れてしまいます。

病気を克服できない人は、克服できない人たちと仲良くしています。

 

病気を克服したいのなら、多少厳しいかも知れませんが、付き合い辛いかもしれませんが、実際に病気を克服した人の意見、体験を参考にしないといけないのです。

  関連記事

top
馬鹿たれでは病気を乗り越えられない

かなり過激なタイトルですみません。 あなたにどうしても大切なことをお伝えしたかっ …

images (2)
気管切開はいつ外せた?

僕は、脳幹出血を発症した際に自発呼吸ができなくなりました。また同時に嚥下障害も患 …

Two young men standing back to back
後遺症の克服を妨げる人とは縁を切ろう

脳卒中の後遺症を克服するうえで 注意すべき点はいくつもあります。   …

shinitai-02
「死にたい!」思ったら脳出血になった

非常に恥ずかしい話なんですが、僕は脳出血(脳幹出血)を発症したのは、「死んで人生 …

ダウンロード (1)
多数決の意見には従わない

お医者さんから「あなたは寝たきりです」「回復した事例がありません」 このように言 …

23aa67c9
周りの人と真逆のことをしよう!

入院生活というのは、殆んどの場合が、同じ病気で入院している人たちと生活することに …

sasikae_ketten
脳幹出血を克服することができました

私は、努力家ではありません。   それにスポーツも苦手です。 なかでも …

noulogo
脳卒中は発症後3時間以内の治療が運命を分ける

病名を聞くだけでゾッとするものとして 癌、心筋梗塞、脳卒中があがると思います。 …

images
意識戻らない人に対して、家族ができること

私は予後観察のために半年に1度の間隔でMRI検査を受けています。   …

20150226_money5
後遺症はお金で解決できない

世の中にはお金で買えるもの買えないものがあります。 その中でも、脳卒中でダメージ …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら