多数決の意見には従わない | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

多数決の意見には従わない

      2017/06/10

お医者さんから「あなたは寝たきりです」「回復した事例がありません」

このように言われたらどう思いますか?

殆んどの人がショックを受けて、立ち上がることができなくなると思います。

しかし、その状態だとお医者さんに言われ通りの結果になってしまいます。

 

  • 「手の麻痺は治らないだろう」
  • 「良くて寝たきりの生活です」
  • 「人工呼吸器は一生外せません」
  • 「視力も戻りません」
  • 「家で生活することは出来ません」

 

私が脳幹出血を発症したときに、主治医から家族への説明で、上記のようなことをさんざん言われたそうです。

家族は気をつかってしばらくは黙っていたようですが、雰囲気で私は分かっていました。

 

だけど、私はまったく動じませんでした。

逆に「こんちくしょう!俺はこんなところで終わる人間じゃないんだ!勝手に回復しないって決めつけるな!」と奮起しました。

 

それに、お医者さんにはたいへん失礼ですが、「だいたい医者の言うことなんて統計的にみて、そうなることが多いって言ってるだけだ!」とも思っていました。

 

私のこの考えかたはかなり本質を付いていると自負しています。

なぜなら、一人のお医者さんが診る患者の数が多すぎるからです。

 

主治医と言えども、入院中に顔を会わすのは、長くても数分程度です。

そんな短い時間で、個別具体的に患者のことがわかるはずがありません。

自分のことすら、本当によく理解している人は少ないのに、赤の他人のことなんてもっての他です。

 

そんな状況なのにお医者さんの意見を真に受けて、治すための努力をしないなんて、勿体なさすぎます!

情報を得る際は、情報発信元がどんな状況下で言っているのかをよく理解することが大切になります。

  関連記事

c7609fcde2b3105292437754b5598aea
脳出血の後遺症について

私は2011年1月20日(当時27歳)のときに 脳動静脈奇形破裂による脳出血を発 …

no image
患者は初めて入院する人が多いんだよ!

「おかあさんといっしょ」 この番組を知らない人はいませんよね?   そ …

no image
拘縮予防、関節をやわらなくするリハビリ

関節を柔らかくするリハビリ 脳卒中の後遺症によって麻痺がある人や、それが原因でベ …

hospicevolunteer
脳卒中と闘うすべての人に知って欲しいこと

病気を克服するには患者本人の力だけでは心細い 脳卒中を発症し一命を取り留めるのは …

ダウンロード
幕末の志士に学ぶ脳卒中克服術

私がもっとも生き方に影響を受けたのが 司馬遼太郎作の「竜馬がゆく」です。 &nb …

no image
高次脳機能障害って一体何なの?治るの?

高次脳機とは 僕たち人間の頭脳は、スーパーコンピューターでも敵わない能力を持って …

no image
【脳卒中・脳出血・脳梗塞・脳幹出血発症】意識障害の患者に有効な方法

私は2011年1月20日、脳動静脈奇形破裂に伴う脳幹出血(延髄出血)を発症してし …

operation-work_002
約束とは違うドクターが執刀し始めた

2013年3月15日(当時30歳)に脳血管撮影検査をおこないました。カテーテルを …

no image
脳出血の原因、症状、検査、治療について

かつての日本では、脳卒中の中で最も発症数が多いのは脳出血でした。 これは、食生活 …

2011/02/18 16:50
脳出血(脳幹出血)の治し方!症状を理解して、克服しましょう。

なぜ、私は脳幹出血を乗り越えることができたのでしょうか? 今回は私がどんな思いで …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら