神様は乗り越えれる試練しか与えない | 生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

神様は乗り越えれる試練しか与えない

      2017/08/26

私が脳幹出血と脳梗塞を発症した理由として、確かに先天的な血管の病気もあったかもしれませんが、「日頃の行いが悪かったから」だとも思っています。と言いますか、かなり思っています。

普段から気分屋で、少しでも嫌なことがあすとすぐに顏に出ていました。

親しい友人からは「すぐ顏にですなー。そんなんじゃあかんよ」と言われたことがあるくらい、気分屋でした。

 

恋人も何人かできましたが、いつも喧嘩別れ。

だいたい付き合って2年もすれば、マンネリ化してしまい、相手のことを大切にできなくなっていました。

だから、どれだけ良いことをされても、相手が気遣ってくれても、「そんなの当たり前」と傲慢になっていたのです。

挙句の果てには二股、三股をかけたり、かなり傲慢な生活をしていました。

自分だけ良かったらいい。

自分だけ快楽を得れればいい。

自分の思い通りのままになればいい…

心の奥底でそのように考えていたのです。

 

たとえ彼女と別れたとしても気にしない。

とっかえひっかえでした。

まるで消耗品のように……

 

だけど・・・・

神様から『罰』が当たりました。

 

そう、そんな傲慢な私をみて『脳幹出血』という罰を与えたのです。

「少しはマシな人間になるように」とお灸を添えてくれたのです。

そのお蔭で、聖人とまでは言えなくとも、

人の心は分かるようになれました。

困っている人がいたら助けようと思えるようになりました。

人を大切にしよう、、、。

 

そう思えるようになりました。

 

その結果、今まで2年がやっとの恋愛も結婚へと移り

子供が2人産まれ。

毎日笑顔の絶えない、幸せな家族を築くことができるようになりました。

 

私は宗教を信仰する人間ではありませんが、

ただ「神様は見ている」と思っています。

これからも神様に恥じない、天罰を受けないように気を引き締めて生きていこう

そう思う、今日この頃です。

  関連記事

noulogo
脳卒中、脳腫瘍、脳感染症、外傷によって頭痛が起きる

怖い話しかもしれませんが 頭痛には重大な病気が隠れている可能性があります。 &n …

no image
自分自身で自分を変えていく。

古い細胞と新しい細胞が入れ替わることを新陳代謝と言います。この周期は、それぞれの …

ダウンロード
脳卒中発症で社会復帰を目指すのなら、社会生活を送るのが一番だと思います

私は2011年の1月20日、当時28歳のときに脳動静脈奇形破裂(AVM)による脳 …

no image
言語障害って治るの?

私は2013年3月に カテーテル検査を行いましたが 検査中に脳梗塞を発症してしま …

no image
患者は初めて入院する人が多いんだよ!

「おかあさんといっしょ」 この番組を知らない人はいませんよね?   そ …

syuuen01
病気は人生の終焉を教えてくれる

残念ながら人間はいつかは死にます。生を受けてしまった限りどうしようもないのです。 …

noulogo
最も重症化しやすい心原性脳梗塞

脳梗塞とひとことで言っても アテローム血栓性脳梗塞 ラクナ梗塞 心原性脳梗塞 の …

2013年3月15日_カテーテル検査_脳梗塞発症(MRI)
脳梗塞発症時の診察説明書
no image
脳卒中発症後すぐに、急性期のリハビリは早期離床をめざして行われます

脳卒中のリハビリは、医師の許可が下りれば、発症から24~48時間以内に、寝返りを …

images (3)
脳卒中患者の一番の良薬は、家族のお見舞なのです!

闘病中に誰が一番支えになったかと言えば、 それは間違いなく家族の存在です。 私は …





レポートを作りました

脳卒中の後遺症を克服する方法は、残念ながら大学病院でも脳外科のドクターからでも学べません。もちろん書籍から学べるもというのでもありません。

脳卒中を克服した人はたくさんいますが、今のところ脳出血(脳幹出血)や脳梗塞から社会復帰した実体験について学べるチャンスはほとんどありません。

僕は2つの脳の病気を克服した経験から、脳卒中の後遺症を克服する方法がおそらく世界で初めてわかりました。そしてその方法をレポートにしました。

とくに脳卒中を発症してから間もない方(発症から6ヶ月以内)のお役に立てると思います。


このレポートを読んだ人からは、

「目から鱗だ!」「凄く納得できた」「これが原因だったのか・・・」「読んで良かった!ありがとうございます!」「すごく前向きになれました!」といった感謝のメッセージをいただいております。

脳卒中の克服は時間との勝負です!

1日も早くから取り組むことが今後の回復度合いを決めてしまいます!
いますぐ下記のフォームに、お名前といつも使っているメールアドレスを入力し、レポートを読んでみてください!

確認後、メールにてレポートをお送りします。
レポートは無料でお届けいたします。

.
     

下記のリンクからでもお申し込みできます

レポート申し込みフォームはこちら