生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

生存率1%の脳幹出血による片麻痺と脳梗塞による失語症を克服した上西のブログ

誰かのために、何かをしたい。支えてくれた家族が力をくれた。この経験を同じ病の方のために役立てたい

*

ようこそ!脳幹出血と脳梗塞を克服して人生がますます輝きだした上西です!

このブログにアクセスしていただきありがとうございます。

僕は、2011年1月20日(当時28歳)の時に、AVM(脳動静脈奇形破裂:脳幹出血(延髄出血))を発症し、2年後の2013年3月15日(当時30歳)に、脳血管撮影検査の合併症で、脳梗塞を発症しました。

脳幹出血発症直後は、自発呼吸ができなくなり、また左半身麻痺と診断されましたが、8か月後には装具などを使わずに歩いて通勤することができるようになりました。

また脳梗塞で失語症になったときもたった半年間という期間で、元通りに文字が読めるようにまで回復することができました。

その他にも以下の症状を経験しましたが、そのすべてを乗り越えることができました。

嚥下障害、意識障害、左半身麻痺、左腕の痺れ、右半身の温度感覚、失語症(文字が読めない書けない)、視野欠損、斜視、視力低下、視野狭小、ふらつき、独歩、しゃっくり、高次脳機能障害、記憶障害、めまい、失禁、頭痛、排尿障害

2011/01/20 脳幹出血発症 ICUから重篤部屋に移動

2011/01/20 脳幹出血発症 ICUから重篤部屋に移動

【リハビリ病院】脳幹出血発症から2カ月後の歩行動画

【走ってる動画】脳幹出血を発症してから4年後の姿

このブログでは、運動音痴、努力嫌いな僕が、どのようにして数々の苦難を乗り越えたのか、闘病生活から得た経験と情報と知恵を余すことなく伝えます。

具体的には『生存率1%』と言われていた脳幹出血とすべての言葉を奪い去った脳梗塞の後遺症を完治させるまでに身につけた事、気づいた事、分かった事などを中心に、「生」や「死」に関する僕の考え方や、病気に対する心構えなどについて書いていきます。

脳卒中に関わらず、病気の克服に絶対的なものはないかも知れませんが、僕は2度目の脳の病気である脳梗塞の後遺症は、たったの1ヶ月でほぼ元通りにまで回復することができました。

ですので、脳の病気の克服は要点を押さえれば、短期間に乗り越えることができる病気であると考えています。

僕の体験を生かし、早期回復の参考になれば、ブログを作った意義もあります。

はじめに

110220_婚約者(妻)とのツーショット写真!ありがとう!回復の兆しが見えてきたころ

「僕たちは誰かのために何かを行動する時、信じられない力を出すことができる!」

僕はこの言葉を信じています。

「顔」が見えないインターであるからこそ、僕の「文章」と「対応」で自分自身を表現させていただきます。

数多くあるWebサイトの中から僕のブログを選んでいただいたあなたに僕の「文章」を通して「満足」してもらえますように。

「謙虚」と「感謝」の気持ちを決して忘れずに。

スポンサーリンク


僕が経験した脳の病気

stroke

僕が経験した脳の病気について書きました。この記事を読むことで、どれだけ厳しい状態だったとしても、元通りの生活に戻れることが分かり希望が持てるはずです。

※運動音痴、努力嫌いな僕でも克服できたので希望をもってください!

僕が経験した脳の病気

なぜ、私は脳幹出血と脳梗塞を克服することができたのか?

結婚式場の仮予約をしてから6時間後に脳幹出血を発症!!

カテーテル検査で脳梗塞を発症!失語症になってしまう…

脳幹出血と脳梗塞を乗り越えれたけど。質問ありますか?

母直筆の71日間の闘病記録ノート

スポンサーリンク


克服できた症状

P1040668

僕は以下の症状を乗り越えることができました。その体験談を綴りました。

嚥下障害、意識障害、左半身麻痺、左腕の痺れ、右半身の温度感覚、失語症(文字が読めない書けない)、視野欠損、斜視、視力低下、視野狭小、ふらつき、独歩、しゃっくり、高次脳機能障害、記憶障害、めまい、失禁、頭痛、排尿障害

そして、僕が経験したことは、あなたにも流用できると信じています。

嚥下障害を治した方法

目のピンぼけを治した方法

脳卒中が原因でしゃっくりが止まらない

失語症・高次脳機能障害を克服した方法

片麻痺を克服した方法

急性期から回復期にかけてのリハビリ

バランス感覚が良くなるリハビリ

手の痺れを弱めるためにやったこと

性欲がなくなった

スポンサーリンク


母直筆の71日間の闘病記録

1602252341

脳幹出血を発症した当日からリハビリ病院へ転院し、歩けるようになるまでの71日間の闘病記録を公開します。

この闘病記録は母親の直筆のものになります。闘病生活の参考になればと思い公開しました。

母、直筆の71日間の闘病記録

スポンサーリンク


ご家族に向けて

160824_image

脳卒中を乗り越えるには、家族と患者とが一緒になって「乗り越えるんだ!」と一致団結することが大切だと思っています。脳卒中患者を支えるご家族、友人、恋人、知人の方にはぜひとも読んで欲しい内容になります。

生かすも殺すも掛け声次第

意識障害の患者に効果的な刺激

なぜ病院は転院を迫ってくるのでしょうか?

家族が後悔しないために

お医者さんから嫌われる家族の特徴

お医者さんが言っていることのすべてが正しいとは限らない

脳卒中で後遺症が残ったら身体障害者手帳を申請しましょう!

スポンサーリンク


患者さんに向けて

160824_image

闘病中に意識的に考えていたことを綴りました。
病気は「病は気から」という ことわざの通り、強い気持ち、前向きな気持ち・姿勢が大切になります。

大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にあります。

人生は株価と一緒

思い込みで病気にもなるし、逆に思い込みで病気は治ります

後遺症は生き抜いた証と思いましょう!^^

よい患者でいることの重要性

脳卒中を克服できるかどうかは、99%これで決まる!

スポンサーリンク


講演会のご案内

15134618_1290409834332056_8663640501358503361_n

脳幹出血と脳梗塞という2つの脳の病気を克服した経験から、大阪の脳外科病院で定期的に体験談を話す機会を設けていただいております。

講演会のご案内